日本橋矯正歯科
■歯並び・噛み合わせが悪い原因
■現代人はアゴにくらべ歯が大きい傾向にあります
その為、歯が並びきれなくてデコボコになってしまうのです。
こうした場合は通常、歯が入りきるように抜歯をしてスペースを作り治療をします。
しかし、健康な歯を抜歯するのは抵抗がある方も多いはず。
装置の開発も進み、抜歯をしなくても治療が可能になってきました。
当院では抜歯・非抜歯を含めたすべての治療計画案を提示いたします。
抜いた場合・抜かない場合のそれぞれの良い点・悪い点をしっかり把握していただき
患者様の同意があった場合のみ抜歯の治療をいたします。
アゴが小さく歯が入りきらない為
デコボコに・・・

■歯を後ろに下げてスペースを作る!

インプラント矯正
マイクロスクリューにより歯を後ろに
牽引してスペースを作る

奥歯を後ろに下げる装置
アゴを広げる装置

■部分的に装置を使ってスペースを作る

矯正用マイクロスクリューや奥歯を後ろの方(奥)に下げる為の装置を使う事により歯を並べるスペースを作ります。


■あごを広げてスペースを作る!
■デーモン3やクリッピー
こういった装置ではアゴを広げながら治療が可能です。


詳しくは→デーモン3クリッピーをご覧下さい。
クリッピー
デーモン3

 
■限界や問題点
精密検査の分析結果
■歯を抜かないで矯正治療をする場合は以下のような問題が発生する事があります。

・理想的なかみ合わせを創れない(限界がある)
・歯並びを一部妥協しなければならない
・無理に歯を並べた場合、後戻りしやすい

精密検査ではレントゲン写真を元に理想の輪郭を数値で分析可能です。あごの骨の状態と顔全体のバランスを数値化し抜歯した場合との比較を説明させていただきます。

■どの歯を抜くの??

※これらの歯は抜きません!
前歯は噛み切るだけでなく見た目にも重要です。
犬歯は歯の根が長く家でいうなら大黒柱。他の歯の支えになるだけでなく長持ちな歯。
臼歯(奥歯)は食事の際、活躍する大事な歯。
親知らずは不要な歯と思われがちですが将来的に利用可能な場合があるので親知らずだからという理由で安易に抜きません。

■抜く可能性が高い歯は小臼歯になります。

なぜなら小臼歯は左右に2本ずつほぼ似た形で存在し、前歯や奥歯・犬歯に比べ機能が限定されているからです。
又、小臼歯のうちどちらを抜くかは
■神経がない歯
■虫歯になっている歯
■治療効率
等を考えて提案いたします。

バランスも考え左右1本ずつ、合計2本抜くことが多いですが、患者様の状況を見せていただき1本の場合もあります。


★抜歯について

抜歯については抜く歯とその歯が持つ意味。なぜその歯を選んだかを必ず説明させていただきます。
・抜歯によって
噛む力が弱くなったりしません。
・残された歯の寿命を縮めるようなことはありません。
抜歯をしない場合も提示します。(非抜歯ではキレイな輪郭が作れない場合などはその点もご説明します)
同意していただいた場合のみ抜歯します。


 
日本橋矯正歯科〜tokyo orthodontics〜
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-9-1 日本橋室町ビル5F
銀座線・半蔵門線 三越前駅 徒歩1分
地図はこちら】【GoogleMapはこちら

中央区日本橋・矯正歯科03-6231-9866


10:30 〜13:00
急患のみ○
15:00 〜19:00
14:00〜17:30

OPEN 火曜〜金曜 10:30〜19:00  ※土曜 10:30〜13:00、14:00〜17:30
CLOSE 月曜/日曜 ※木曜午前は急患のみ

copy right (c) Nihonbashi Orthodontic Clinic, All rights Reserved.